「スプレッド」とはFXは通貨を取引して利益を得る商取引です。売買の注文の値は四六時中上下しています。それが為替市場です。ニュースサイトを見ていると、レートの話題が流れる時があります。見かけるのが、「本日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを示しています。すなわち、買いと売りの値段があります。売値、買値の事を別の言い方で表現しているFX業者もあったりします。買値よりも売値が小さくなっています。買うときには高く、売るときには安くなるものです。その差分をスプレッドといい会社の稼ぎの一部になっています。スプレッドの幅は会社によって異なります。スプレッドの広さは利用者にとって出費になるので、小さい取引会社を選択するほうが儲けられます。ただ、状況によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。例として日常的にはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差だとしても、レートの変化が激しい場合には広くなります。という訳で、スプレッドの幅が狭いのと同時に変化が少ないのが大切です。最近では固定したスプレッドの差を示すFX会社も多数存在しています。実際に取引業者の注文画面の上で相場をチェックしなければ評価できないのでやっかいですが必要な事です。多くの財産を投じてエントリーするのですから、実際のエントリーの前に興味がある会社の新規口座開設をどんどんして、スプレッドをチェックしましょう。同じ外貨でもその時間帯の為替の状態によって、スプレッドの差は変わることがあります。いつもは銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高いペアではスプレッドの幅が小さくその他の外貨では広くなる事があります。