初めて開始する時という場合では、何をおいても準備をおろそかにしてはいけません。トレードを行う前ならば、その物を理性的に調べる事ができる余地があります。だが、ひとたび売買の内側に足を踏み入れるとどう試みても見解が主観的になる事が多く往々にして適切な見方がわからなくなるリスクがあります。だからこそ己の落ち着いている段階でちゃんとした準備を進めておくことが重要です。”準備”のためには、とにかく自分なりの脚本を作る事からスタートする。相場はああだからこの通貨を売買するみたいな、あなただけの台本を書いていきます。次は日足チャートを確認しましょう。過去のレートの上下動を見て、現在の位置を調べます。そうしたら、「行き過ぎた状態になっている」とか、または「もう大勢の投資家の方々が勝負している今から遅れて取引しても今となっては手遅れだな」などと見えてくる。もちろん今さらエントリーするのがなすすべがないと考えたならば何もせず、そこは潔く諦めることが必要です。どう工夫しても自身の脚本を引き下げないで無理やり新規エントリーするとマーケットにやられてマイナスになる可能性があります。とは言ってもたいがいのケースで、緻密なあなたなりのストーリー展開を作っているとすれば、売り(または買い)が遅いなというケースにはならないと考えます。おそらく、本格的に外国為替市場が変化する前の状態のはずだからです。その次は、差し当たり自分自身がとろうとする外貨ポジションの変動を、調べる事が不可欠です。例えば円安に向うというシナリオを描いたのであればドル円の上下動に注意を払っておきます。マーケットの推移を注視し始めたばかりではその外貨ははっきりと変化する素振りを見せないで、ちょっとした動きを繰り返しているだけだろう。しかし、その上下動を正確に調べているとある場面でゆっくりとドル高の方向へと外国為替相場が動き始めます。ここでいよいよ、ドル買いの取引します。普通は、そこまで計画的に準偏さえしておけばそのトレードで稼げる率は比較的大きくなります。